今日のヘッドライン

[JAの活動] ニュース

准組合員のメンバーシップ強化へ JA全中実践セミナー

 組合員のメンバーシップ強化は、JA自己改革のメインテーマの一つになっているが、いまや600万人を超え、正組合員より多くなった准組合員とどのように向き合うかが、いまJAにとって喫緊の課題になっている。JA全中が東京で開いた(4月12日)「実践セミナー」の事例報告、ワークショップ等で、准組合員の位置づけ、メンバーシップ強化に取り組む上での課題が提案された。続きを読む…

注目の情報

【JA人事】JA人事情報まとめページ(4月20日更新!)

第40回 農協人文化賞 受賞候補者募集のお知らせ

【特集・農協改革を乗り越えて-農業協同組合に生きる 明日への挑戦-】のまとめ

【インタビュー・立石幸一JA全農参事】GAPに取り組み選ばれる産地に

【建前→本音 政治・行政用語の変換表】 鈴木宣弘 東京大学教授

【インタビュー・竹下亘・「地域農林水産業」振興議連会長】「田舎」守る政治実現へ

信頼される人間関係を構築―DiSC研修

最新ニュース

一覧はこちら

JAの活動
第53回 第16回全国農林水産物直売サミット 第5分科会における私の講演の核心部分の紹介-おわり‐(18.04.21)
JAの活動
准組合員のメンバーシップ強化へ JA全中実践セミナー(18.04.20)
コラム
(079)GEに見る企業の盛衰:3人の胸中は...(18.04.20)
JAの活動
JAタウンのギフトカードが当たる! JA全農(18.04.20)
肉・卵・乳製品
養豚廃水の窒素除去効率を5倍以上に改善(18.04.20)
農政
地域に根づく子供食堂(18.04.20)
人事・機構改革
【JA人事】JA南るもい(北海道)(4月6日)(18.04.20)
人事・機構改革
【JA人事】JAびえい(北海道)(4月5日)(18.04.20)
人事・機構改革
【JA人事】JAいわみざわ(北海道)(4月5日)(18.04.20)
金融・共済
全国目標8年連続達成をめざす JA共済全国普及推進進発式(18.04.19)
コラム
国家私物化は「些細な問題」ではない(18.04.19)
コラム
一般大学の農業講義 教養の必須科目に(18.04.19)
JAの活動
JA全農がSNS投稿集約 サイトを公開(18.04.19)

一覧はこちら

一品厳選

一覧はこちら

どらまめ

どらまめ

【JA西印旛(千葉県)】

 千葉県栄町のブランド枝豆「どらまめ」を冷凍した商品。品種は高級黒大豆として知られる「丹波黒」で、大粒で甘みが強い。水田の転作作物として1998年から栽培が始まった。龍がいたという町の伝説に基づいたイメージキャラクター「龍夢」(ドラム)にちなんで名付け、2003年に商標登録した。

詳細はこちら

ぬれかり煎

ぬれかり煎

【JAあつぎ(神奈川県)】

 JAあつぎ産の米を使った同JAのオリジナル商品。厚木産の「あつぎせせらぎ米」の中でも、厳選されたキヌヒカリの1等米のみを使用。ぬれ煎餅のような甘辛いタレにカリッとした絶妙な食感があり、人の手の温もりを大切に、手焼き・手づくりで仕上げている。品質の高い米を使うことで、米本来の風味と旨みがたっぷり染み込んだこだわりの1枚となっている。

詳細はこちら

いちじくジャム

いちじくジャム

【JAあいち中央(愛知県)】

 JAあいち中央管内は全国トップクラスのイチジク産地として知られる。その中でも、同JAの「いちじくジャム」は安城市を中心とした完熟いちじくを使用。ほんのり甘く、いちじく本来の風味を生かしたジャムに仕上がっている。

詳細はこちら

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ