今日のヘッドライン

[JAの活動] クローズアップ

【JA全中 比嘉政浩専務理事に聞く】全組合員調査で結果を

 JA全中は7月28日の理事会で「JA自己改革の実践と改正農協法5年後検討条項をふまえた取組具体策」を決めた。改正農協法附則では、平成33年3月までに准組合員の事業利用規制のあり方について、利用状況や改革の実施状況を調査・検討し結論を出すとされている。これに対してJAグループは第27回JA全国大会決議を実践しており30年度末までに各JAが自己改革を着実に実践、十分な成果を上げ組合員から高い評価を得るとともに、内外により一層の情報発信をしていくことが重要になっている。具体的には31年4月に准組合員も含めた全1000万人組合員調査で高い評価を得ることとしており、今回決めたのはその目標に向けた取り組み。JA全中の比嘉政浩専務は「期限をしっかり認識し、危機感をもって自己改革を実践する必要がある」と強調する。取組具体策のポイントを聞いた。続きを読む…

注目の情報

★☆週末も記事を掲載! 自宅・外出先でJAcom! スマホ対応しています☆★

「農協改革」への対抗軸1県1JA構想を考える

【米生産・米流通最前線2017】30年産問題―どんなコメ「需要」に応えるのか?

技術革新で国内外の農業に貢献【小池 好智 クミアイ化学工業(株)代表取締役社長】

【現地レポート JA広島中央(広島県)】地域住民を「担い手」に育成

【座談会 農協人を育み現場を支える】「農」の進化に挑み続ける東京農大

【新世紀JA研究会・課題別セミナー】HP上でセミナー中

円滑な人間関係をつくる ―職員力を高めるDiSC研修

最新ニュース

一覧はこちら

農政
~JAcomメンテナンスのお知らせ~(17.08.17)
JAの活動
【JA全中 比嘉政浩専務理事に聞く】全組合員調査で結果を(17.08.14)
コラム
志実現を中断し、旧主・旧臣の救済に 渋沢 栄一(17.08.13)
コラム
【読書の楽しみ】第17回(17.08.12)
コラム
(043)EU農業の持続可能性と「大豆宣言」(17.08.11)
JAの活動
中家徹JA全中会長が就任記者会見(17.08.10)
農政
米の直接支払交付金財源が焦点-30年度農林水産関係予算(17.08.10)
JAの活動
生産と暮らし支える集落営農(後半)(17.08.10)
JAの活動
生産と暮らし支える集落営農(前半)(17.08.10)
農政
食料自給率38% 平成5年大冷害に次ぐ水準(17.08.10)
米・麦・大豆
世界最高米ディナーを 東洋ライス(17.08.10)
野菜・果物
キウイフルーツの収穫量減少 農水省(17.08.10)
肉・卵・乳製品
売上高は1498億6000万円 雪印メグミルク第1四半期業績(17.08.10)

一覧はこちら

一品厳選

一覧はこちら

「ピノ・グリ」

「ピノ・グリ」

【JA松本ハイランド(長野県)】

 JA松本ハイランドの子会社、(株)ぶどうの郷山辺の山辺ワイナリー一押しのワイン。 「ピノ・グリ」は白ワイン用の「ピノ・ノワール」の変異種で、熟したメロンや洋梨、リンゴ飴、干しアンズなどの甘いやわらかな香りに、ほんのりと樽香が感じられる。控えめな個性のため、和食にも合わせやすい。アルコール度数12%。

詳細はこちら

「越乃梅」加工品

「越乃梅」加工品

【JAにいがた南蒲(新潟県)】

 JAにいがた南蒲田上地区の特産の「越乃梅」は、一般の梅より一回り小粒だが、うま味がぎゅっと詰まっている。JAで製造・販売する加工品には、梅干しや梅のドリンク「梅うぉーたー」、梅干しを裏ごしした梅ペーストや梅ジャムなどもある。

詳細はこちら

福味噌

福味噌

【JA常総ひかり(茨城県)】

 JA常総ひかりは茨城県西部の米地帯にある。管内でとれたコシヒカリの1等米100%のオリジナルみそ「福味噌」の販売を今年から始めた。米の加工で、少しでも米の消費を増やそうというもので、米の加工品ははじめて。

詳細はこちら

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ